サワディークラップ!
ココテルのマーケティングインターンのしんいちです。幼少期に13年間過ごしたバンコクに、インターン生として戻ってきて早一ヶ月ですが、この国にはまだまだ知らないことばかり!
現地ならではのライフスタイルにフォーカスを当てて、紹介していきます!第一回の今回は、タイ人社員のローカルランチのご紹介です。

アメージング・タイランド・ランチ!

同僚「”Tent” にランチにいこー!」
僕「あ、はい。いきます!(Tentってなんだ…).

とりあえずついていってみる。
Kokotelを出て3分ほど直進して到着。

なるほどこれが、”Tent”なんですね。
テント式の屋根に覆われた食堂のようなところですね。屋台村って表現する人もいるそう。
日本人が多く集まるようなスクンビット中心地ではあまり見つけられないですよね。

全部で約15店舗も並んでいて、どこもランチタイムの社員さんで賑わってます。
とりあえず一周回ってみました。

・クワイティオก๋วยเตี๋ยว (麺類)
・パッタイผัดไทย (麺類)
・ラートナー Rat na/ราดหน้า (麺類)
・カオゲーン ข้าวแกง (カレー・スープとご飯)
・ガパオライス 
・チャーハン

タイの一品料理は一通り網羅しているようなラインナップですね。
特にクワイティオでは、ノーマル、ルア(濃い味)、トムヤム(辛い)などで6店舗も並んでいました!
とりあえず今回は人気そうな所2軒に挑戦してみることに。

1軒目は、人触りの良さそうなおばあさんのところへ。
イェンタフォーのセンレック(細麺)をオーダーしてみました。

このショッキングピンクのタレ。。。
酸っぱい。。。いや辛いのか?いや、甘い?そんな味。
でもこのタレが、あっさり鶏ガラスープにしっかり絡んで、タイ料理特有の味わい深さが出てくるんですよね。
僕はこれ、大好きです。

2軒目は、チャーシューがウリのお店を試してみることに。


▲バミー(卵麺)+チャーシュー+キヤウ(ワンタン) スープなし

バミーキヤウ・ムーデーン・ヘーンをオーダーしてみました。

バミーがトムヤムのうまく絡んでいて、程よい辛さが食欲をそそり、次へ次へと箸を休めることなく完食。
特にこの黄色いワンタンが美味しいんです!
皮のモチモチ食感とにじみでる具の旨味がたまらないですね。

初心者にもおすすめ!

今回初めてテント(屋台村)に来てみましたが、オープンなところで食べるランチ、ローカルの良さに溢れた実に有意義なランチでした。
同じような価格帯でしたら、デパートのフードコートでもたべられますが、なんか物足りないですよね。
タイ語がわからないながらも身振り手振りでオーダーしてみたり、外風を感じながらゆったりと食べてみたり、せっかくタイに来たからには、美味しいタイ料理を安く食べること以上に、現地の生活感を感じながら食べるのはいかがですか。

ぜひ一度お試しあれ!!

PNY Market (ศูนย์อาหาร P.N.Y.)
OPEN: Monday-Friday 10:00-14:00
Phone: None
Address: 131/81 Santiphap Alley, Khwaeng Si Phraya, Khet Bang Rak,
MRTサムヤーン駅 徒歩10分