サワッディーカー!ココテルのデザイン担当のスマイルです!
今日は皆さんに一風変わったタイの伝統的なお菓子を紹介していきます。
“Fried Dough”とは中華系の練り物お菓子に似ていますが、もっと丸くて平べったいものです。中国では“Huang Gua Pae” or “Saoping”というそうですが、タイでは”Fried Dough”と呼ばれいます。あるいはカノム・ペーントートという愛称で親しまれています。

“Fried Dough”とは

どら焼きを焼くお母さん 美味しそうなどら焼き

“Fried Dough”`古来、中国で愛されている国民的なデザートです。作り方は簡単で、具材をパン生地で包んで揚げたのち、大きなフライパンでカリカリに焼くだけです。最もメジャーな具材はタロイモや餡子などで、日本のどら焼きに近い食べ物です。

飽きることのないどら焼き

裏返されるどら焼き いい色に焼けてきました

今回紹介しているお店はかれこれ30年も営業を続けていて、バンラックエリアの人たちに長らく愛されています。特筆すべきは、こちらの”Fried Dough”は程よい具材の甘さと生地の厚さで作られているところです。これによってどれだけ食べても飽きることなく次の一口が進んでしまいます。

注意!!売り切れ必死!!!

さっそく、一口。パクリッ。 さっそく、一口。パクリッ。

皆さんが行く前にお伝えしなくてはいけないことが1点!とても人気なお店であることと、大量に購入されるお客さん(一度に100個オーダーされることも!)もいらっしゃるので、売り切れしまっていることもあります!午後には売り切れてしまうこともあるので、朝に行くことをおすすめします!ぜひ食べてみたいということでしたら急いでください!売り切れるくらい人気だって言いましたからね!!笑

お店の場所は“Mor Petch Mor Ploy ”のパクソイから入って200メートル先の右側に位置しています。今回ご紹介したお店“ Trok Mor Petch Mor Ploy ”の営業時間は午前11:00からで14:00~15:00などその日のお客さんの数で変わります。

Name: -
OPEN: -
Phone: -
Address: -

Address: